トワイライトタウン 夏休み4日目



(ロクサスの部屋)

ロクサス 約束か――
まいったな

(空き地)

ロクサス 昨日は―― ごめん
おまえ そんなに気にしてたのか?
一晩寝ればどうでもよくなんだろ、普通
ロクサス 他にもいろいろあってさ


やっぱおまえ強いわ
ロクサス ハイネと戦えて楽しかったよ
俺は全然だ
ロクサス じゃあ俺のいい気分 分けてやる
いらねえよ そんなの!


あれはビビじゃない
ロクサス ん?


ロクサス また?
ロクサス また――


アクセル ロクサス 相変わらずやるやるやる〜!
アクセル やっぱり忘れてるのか――
俺は?
アクセル そう アクセル
ロクサス アクセル?
アクセル なーんにも覚えていない か
なるほど ダスクどもの手には余るな
ロクサス 待てよ どういうことか説明してくれ
アクセル ここは奴が作った町なんだろ?
説明してる時間はないってハナシだ
アクセル とりあえず気ぃ失わせてでも連れて帰る
説明はそれから
アクセル やば
ロクサス 何が起こってるんだよ!
アクセル ナンバー13 ロクサス
キーブレードに選ばれし男
ロクサス わかったよ!
戦えばいいんだろ!

 (アクセル 1回目)

 アクセル  : 「そう来なくっちゃ!」

「燃えろ!」

「ちょい本気だ」

「どうだ!思い出したか」

「よっと」

「やるなロクサス」
アクセル やっぱりあんたか
ロクサス この男の言葉に意味などない!
アクセル ロクサス 惑わされるな!
ロクサス
アクセル ロクサス!
ロクサス
アクセル ロクサス!
ロクサス――
アクセル ロクサス!――
ロクサス ハイネ――
ピンツ――
オレット―――
ロクサス ハイネ!ピンツ!オレット!


負けてくれるなら礼ははずむぞ
ロクサス バカにするな

(駅の時計台)

ロクサス 約束だろ
ありがとう ロクサス

(真っ暗などこか)

ロクサス ナミネ?
ロクサス ナミネ?俺 どうなってるんだ?
あなたは誰?
それに違うよ 私はカイリ
ロクサス カイリ――
知ってる あいつが好きな子だ
あいつ?
お願い 名前を教えて!
ロクサス 俺はロクサス





Back Twilight Town Next Twilight Town